紫野幼稚園

本園の教育方針と特色

本園は、1950年(昭和25年)4月、宗教法人 日本キリスト教団 紫野教会が心の豊かな幼児を育てたいと考えて、紫野幼稚園を設立しました。それ以来今日迄絶えず教育内容の充実、設備の改善に研究努力をしてきました。1985年4月に学校法人紫野キリスト教学園紫野幼稚園となりましたが、内容は変わりません。

保育年限

就学前2年あるいは3年です。創立以来2年間保育と3年間保育をしています。満3歳児を若干名受け入れています。

キリスト教精神による情操教育

キリストの教えに従い神様にも人々にも愛される思いやりのある優しい人づくりを目標にしています。

手づくりの教育

少人数のクラス編成で幼児の心の教育を一番大切にし、絵画、工作、音楽リズムによる表現力など創造性を育てることに努め、特に体力づくりに力を入れ、のびのびとうんどう遊びを楽しみ、自分から遊びを見つける喜びを創り出し、いきいきと活動させることを願って保育しています。

幼児教育の場で大切なこと

それはたくさんの子どもと意欲的に遊ぶことです。幼児自ら学び成長していけるような助言をし、楽しくすごせる場作りをします。

全幼児と全教員との交流を大切に

一人一人のお子さんとどの教員も親しくし、その性格をよく理解して指導しています。

幼ない時の習慣が大切

一度身についた習慣はなかなか離れないものですから、その年齢で出来ることは自分で正しくやれる良い習慣をつけるよう指導しています。